既婚者のための合コンとは?詳しく解説!

現在着々と話題を集めている「既婚者合コン」とは!

現在着々と話題を集めている「既婚者合コン」とは!

既婚者のための合コン

多くの方は合コンと聞くと独身の男女が参加する出会いの場と考えているでしょう。しかし、今話題を集めている既婚者合コンはその名の通り既婚者の男女複数人同士が合コンを通じて交流を深めることを目的に行われています。

合コンは複数人で行われるため既婚者でも躊躇なく飛び込んでいきやすいものです。しかし、多くの方は合コンの内容などイメージが湧きにくいと思いますので、ここでは既婚者合コンの内容や良い面について紹介します。

既婚者合コンの内容

皆様は合コンと言うと独身の男女が出会いの場としてレストランや居酒屋で食事やお酒を介し交流を深め恋人関係に発展、などをイメージすると思います。

普通の合コンと既婚者合コンの違いは参加者が既婚者であるというだけの違いですが、一般的な合コンと違い既婚者同士の合コンはお互いある程度余裕がある人達が集まる傾向があリます。

精神的余裕のある男性が多いためがっつくこともなくアプローチも緩めで、男性から積極的なアプローチが苦手という女性なども参加しやすいのが既婚者合コンの良い面です。

基本的に合コンの内容は普通の合コンと変わらず、既婚者同士の交流の場であるということです。参加者は主に20代後半から50代前半の方など幅広い年齢層の方が異性関係や社会的関係を求めて参加しており合コンの開催情報は基本的にネットから情報発信が中心です。

既婚者合コンの参加条件

主に有名どこで開催される既婚者合コンの参加条件はを見てみると主催者によりそれぞれ異なっています。男女で条件が変わることもありますが基本的に同じ世代の人達と知り合いたいと思っている既婚者が多いため、年齢制限がある場合が多いですね。また男性側にはステータスとして月収100万円以上でないと参加できないというルールが設けられる合コンも行われています。

既婚者合コンの開催地や費用

既婚者合コンは様々なスタイルで開催されており、一般的な合コンのように男女合わせて5人~8人程度の少人数で開催されるものや、ダイニングバーなどを貸し切ってパーティー感覚で大人数で行われるものなどがあります。

その中から自分に合う合コンを選ぶことができます。「性格上大人しく人見知りで多くの人と接するのが苦手」という方は少人数で開催される既婚者合コンを、「新しく人脈を広げたい!」という方は大人数で行われる既婚者合コンを選ぶのが良いでしょう。

このようにそれぞれの需要に合わせて選ぶことができる点が既婚者合コンの良い面です。具体的な参加費は基本的に男性側の料金が高く、女性側の料金が低い料金形態となっており、女性が多く参加しやすくするためこのような設定になっている既婚者合コンがほとんどです。

どのような目的で既婚者は参加しているのか

既婚者合コンに参加する既婚者は具体的にどのような目的で参加しているのでしょうか。最近急増しているのは「不倫」を求めて参加する人たちです。

現代では家庭のパートナーとは別に性的な関係のパートナー、いわゆる「セフレ」を持つ既婚男女が増えています。

そのため大人な関係を目的に参加する既婚者が今増えているのです。ただ、既婚者合コンで不倫相手を探す男女がいる一方で、単純に性的関係だけが目的の既婚者はこのような出会い系サイトを使ってセフレを探しています。

しかし単純に社会的な繋がりや同じ趣味をもつ友人を増やす目的のために参加している既婚男女ももちろんいます。そういったタイプの既婚男女は、バレてもそんなに問題にならないだろうくらいの感覚で既婚者合コンに参加していたりします。

既婚者合コンに参加する上での身だしなみ

基本的に平日に開催される既婚者合コンの場合多くの男性はスーツでの参加がほとんどです。土日など休みの日に開催される場合はカジュアルな服装でも構いませんが女性にある程度良い印象を与えるには清潔感を大事にした服装が好まれます。

女性の場合は普段しないようなオシャレなスタイルで参加する方が多く、カジュアルかつ綺麗な印象を与える服装が好まれる傾向があります。

繋がりを作るための攻略法

既婚者合コンがどういったものかある程度形が見えてきたところで、出会いに有利な振る舞い方なども知っておきたいですよね。最初に気をつけるところは参加、交流の目的を明確にしておかなければならないということです。

実際に性的な関係を求めていたとしてもまずはそれを隠し「同じ趣味の友達がほしい」や「新しい人脈を構築したい」などの理由を保持しておけば比較的会話をしやすくなります。

そして注意すべき点は積極的になりすぎないことです。既婚者合コンは基本的にナチュラルな雰囲気でお酒や交流を楽しむ方がほとんどで、過度な自己アピールなどは悪影響を及ぼすこともあるので、空気を読みつつ会話などを広げて交流していきましょう。

合コン後の流れ

既婚者合コンは基本的に1次会のみで終わることが多いですが、1次会で意気投合した既婚者同士などで2次会を開催することもありますのでここに参加するため1次会で多く交流を広げておくことが大事です。

1次会では時間や人数の関係からあまり話せなかった相手などと距離を縮めることができるため既婚者合コンは2次会で最も盛り上がることもあります。2次会で距離を近づけると当然その後二人きりになれる可能性も格段に上がります。

実際に参加する女性にはセフレ関係を求める既婚者も多いのです。理由としては結婚生活が進み子供の世話や家事で大変であり、パートナーとのセックス頻度は年齢を重ねていくごとに減少しセックスレスとなっているためという背景があります。

そのため既婚者合コンで久しぶりに女性として扱ってくれる男性に会って心が動くことで、男性についていって2次会後ホテルに直行するケースは多くあります。なによりお互い既婚者であるため最初から割り切ったセフレ関係で始まって、その後長く続くことも多いのです。

既婚者合コンの気をつけるべき点

ここまで既婚者合コンの内容や流れを説明しましたが、やはりお互い既婚者であるがゆえにトラブルに発展する可能性は0ではありません。そのため既婚者合コンは本名を隠しニックネームでの参加のシステムをとっているものが多く存在します。

既婚者向けの合コンであるため、家庭環境も大事にし自らの欲望や目的を達成するために既婚者合コンでは本名を隠すかどうか慎重に決める必要があります。実際に既婚者合コンでは急激に距離を近づけてくる異性もいるため、そのような人への対応のため、本名を隠すかどうかが気をつけるべき点になってくるのです。

既婚者合コンの認知度上昇の背景

既婚者合コンの存在が世の中に広まり始めたのは2018年頃からでまだ聞き慣れない人たちは多く存在しますが年々認知度を高めてきています。
背景として既婚者同士の友達作りをしたいと考え始める人達がここ数年で大きく増加していることが挙げられます。

既婚者は異性の友人を作るべきではないという考えは以前ではありましたが、現代では既婚者にも気分転換の時間を作るべきだという考え方が広まってきています。

そして会社内など日常的な繋がりだけでは、人間関係は大きくなりませんし、新しい思考や趣味などの発見もできないという現状から、既婚者同士の友人を作ることによって自分自身の価値観や世界を大きく拡大していくということを既婚者合コンに求めているんです。

こういった「新しい自分との出会いを探してみたい」という既婚者が増えたことによって既婚者合コンは多く開催されるようになり、広く知られていくことに繋がったのです。

また「既婚者合コンはひっそりと行われているのではないか」というイメージと違い、割と開放的に開催されているのが一般的です。

基本は楽しく既婚者同士で交流を深めていく目的の合コンとして行われているので、既婚者の方は割とラフに参加することができるという面から多くの参加者を呼び認知度を高めていっているのです。

そのため最近では既婚者合コンの潜入調査談や実体験に基づくお持ち帰り方法などをテーマとしたブログや記事が多く掲載されるようになってきました。

既婚者合コンでは多くの出会いが待っている

実際に参加している既婚者は年齢もバラバラで、企画ジャンルに縛りがないような既婚者合コンでは一度に新たな人間関係を大きく構築できる可能性もあります。

当然、セフレ関係を求めてくる参加者もいますが、新しい自分との出会いを目的にして新たな人間関係を構築するために参加する既婚者の方も多くいます。

その多く参加者は普段、会社内の立場や近所付き合いの立場などに無意識に縛られていますが、既婚者合コンに参加しお互いはじめましての相手と話すことで、そのような社会的な立場に縛られることなく自然体の自分で参加出来るのです。

自然体でより楽に会話や交流を楽しむことができることから、既婚者合コンは多くの新しい出会いを一度に大きく広げることができます。

また既婚者でも恋愛を目的として参加する人も多く、普段の生活では既婚者ではなかなか恋愛することは難しいですが、既婚者合コンでは恋愛に発展する可能性も多く存在します。

なおかつ既婚者同士の恋愛であるためお互いの状況を理解した上で男女関係をスタートすることができ、割り切ったよい関係を築き上げることができるでしょう。

既婚者がなぜパートナーがいながら男女関係を求めるのか

子供がいるような家庭では既婚者は親としての立場になり「父親」「母親」としてのフィルターを通し社会的に生きていくことになります。

それでも根本的には男と女であり自分の魅力は失いたくないと思うのも事実です。

そんな中、既婚者合コンに参加することで同じ立場で世間の視線を感じていた異性の既婚者と出会い、気持ちを共有することができるようにます。

男として、女としての自信を取り戻したい気持ちを共有することで、再び異性を意識するような気持ちが復活してくるんです。

また、仕事でのストレスや家庭内でのストレスが溜まっていると楽しくない日々が繰り返されますが、既婚者同士で会話をすることで同じ様なストレスを抱えている人と悩みの共有もすることができ、良い相談者としてそこから親密になりセフレ関係に発展する事例も少なくないのです。

実際の口コミ

ここでは実際に既婚者合コンに参加した男女の体験談を紹介します。

参加してよかった例

・会社員(35歳)男 結婚6年目

男女それぞれ4人で居酒屋でこじんまりと開かれた既婚者合コンに参加しました。普段はサラリーマン同士での飲み会ばかりなのでいろんな業種の方とお話をするのは自分にとっても初めてで、自分とは全く考え方なども違う人達ばかりでとても刺激的な合コンでした。

・専業主婦(40歳)女 結婚13年目

今回昔からの友人に既婚者合コンを勧められて、インターネットで調べてみて割と気軽に参加できそうだなと思って参加を決めました。参加を決めた理由としては「セックスレス」が原因で、子供が生まれ夫は責任感からか仕事に必死になり、家に帰っても相手をしてくれず疲労ですぐに寝てしまい、私は毎晩欲求不満を抱えながら生活していました。それを昔からの友人に相談したところ既婚者合コンをおすすめされました。友人の「相手も既婚者だから同じ悩みを持っている人がいるかもよ?」言葉に僅かな期待を持ち参加しました。
参加したのは同じ年齢層が20人ほど集まった既婚者合コンで1次会はそれとなく終わりましたが、隣に座ってた女性がバーで2次会を開催することに、そこで同じ趣味だった男性と話すと彼も奥様から「男としてみれない」と夜の営みを拒否された。とのこと、同じ悩みで意気投合しお酒も話と同時に進みいわゆる「いい感じ」になりホテルに向かいました。その後はセフレとしていまでも関係を続けています。

参加してよくなかった例

・工場勤務(37歳)男 結婚10年目

私自身職場とご近所付き合いくらいしか交流関係がなかったことや、趣味があまりなかったためストレス発散手段も増やしたいなと思いWebから参加申し込みをして当日会場のイタリアンレストランにいきました。しかし当日集まったのは男性が私を含め3人、女性が2人でした。申し込みの段階では男女それぞれ8人程度で行うと記載されていたんですが半分以下でした。大人しい男性の方が多く話も続かずでした。結局盛り上がりもなく他愛のない話だけで終わり1次会のみで帰りました。もう少し主催側も人数に達しなかった場合は日程を調整するなど対策をしてほしかった。

・パート勤務(34歳)女 結婚8年目

少し非日常なドキドキが欲しくて、なおかつ既婚者どうしであればお互いの状況を理解した上で遊び目的での相手をみつけれるのではないかと期待して既婚者合コンに参加しましたが、男性陣の多くは体型や身だしなみに清潔感がない上に下心丸出しの感じで話をしてきていたので完全に冷めてしまい、2次会は開催されたようだが、参加せずに即帰宅しました。私のような目的の人はやはり回数を重ねて当たりの既婚者合コンに参加する必要があるんだなと感じました。

おわりに

既婚者合コンの内容や実態、いかがでしたか?

既婚者合コンのワードだけ聞いたことがある方や、興味はあるけど実際に参加する勇気がなかった方、案外開放的に行われており、気軽に参加できる合コンであり、大人の交流の場として、普段のストレスや抱えている悩みなどを共有し発散手段を新しく見出だせる可能性もあります。

また既婚者同士でお互いセフレ関係を求めている異性との出会いがあるかもしれません。

既婚者合コンも世間での認知度も増えてきているため今後参加者が増えると考えられます。

あなたも今までの後ろめたさを感じず少しでも行きたい気持ちがあればまずは気軽に既婚者合コンに参加して新たな出会いを探し、新たな自分の魅力や自信をつけるチャンスを掴んでみましょう!