既婚者の異性をデートへに誘う方法や良い関係の築き方

既婚者でもデートをしたい人が増えている

既婚者でもデートをしたい人が増えている

既婚者の人たちは子供が生まれたり結婚生活が長くなると、お互いのパートナーとデートする機会は格段に減っていきます。しかしパートナーを持つ既婚者が他の異性とデートするとなると関係性によっては不倫などの問題にもなるのでデートしたくてもなかなか踏み出すのは難しいのです。

しかしデートをしたからといって必ずしもバレるわけではありませんし、デートをしたから体の関係に必ずしもなるということでもありません。あくまでも既婚者の求める関係性やデートの内容などを相手と確認し合いながら適切なデートをすることで日常生活に恋愛の刺激をもたらすことができます。

最近ではうまく立ちふるまって既婚者であってもデートを楽しんでいる人が増えています。中にはパートナーにバレて問題になる人もいますが今回はできるだけパートナーにバレないように、またバレても問題にならないようにするための既婚者とのデートの誘い方やプランを紹介していきます。

既婚者との出会いによってデートプランや関係性は変わってくる

普段の生活の中で既婚者の異性と出会うことはほとんどありませんが、仕事の関係で既婚者と繋がりを持てたり、同窓会などで繋がりができることもあります。特に同窓会などで久しぶりにあった友人がとても魅力的になっていて惹かれてしまうこともあります。

会社の中などでも上司や同僚また、部下の異性が既婚者であることもあります。そういった方に好意を抱くのはごく自然なことです。

しかし同窓会や会社の人との人間関係の中で既婚者の異性とデートがしたいと思ってもバレてしまえばお互いに被害を被る可能性がかなりあります。しかし法律での不倫の基準は基本的にパートナー以外と肉体関係を持ったら不倫とみなされるので、バレても肉体関係がなければ不倫にはなりません。

そのため同窓会や会社の中で出会った異性の既婚者でも肉体関係がないデートであれば友人として付き合っていることなので、友人として二人でデートを楽しむことが目的であれば相手が既婚者でもデートすることは可能です。

一方最近では既婚者でも登録して使うことができる出会い系サイトやマッチングアプリが増えてきています。利用目的は話し相手が欲しかったり、同じ趣味をもつ友人を増やしたり、近年増えているセックスレスから性欲を解消するだけのいわゆるセフレを作ったり、など様々な目的で既婚者が出会い系サイトやマッチングアプリを利用しています。

出会い系サイトやマッチングアプリを利用して全く人間関係の繋がりがない既婚者と出会ってデートをすることは知人の既婚者とデートをするよりかはバレるリスクなどは少なくなります。

同窓会や会社などの知り合いの既婚者の場合は相手がデートを望んでいないこともあるので、誘うまでのプロセスは長くなることがありますが、出会い系サイトやマッチングアプリで出会う既婚者は最初から出会いを求めているのでデートまでのプロセスはすんなりと進むことが多いです。

また出会い系サイトやマッチングアプリで出会う既婚者の異性は初めて会う相手なので、普段の自分を知りません。そのため普段の自分を知らない相手と接することで新たな自分の一面を見つけることができる可能性があります。

既婚者とデートしたいときはそれぞれ自分との関係性をしっかりと意識してデートを行うことで、トラブル無くデートを楽しむ方法を見つけていく必要があります。

知り合いの既婚者とデートがしたい時に使える誘い方

知り合いの既婚者の異性とデートがしたい時は、まず誘いの段階では相手にデートだと意識させないことが大切です。「デートしたい」と伝えても結婚してパートナーがいるからと断られることがほとんどです。

そのため、既婚者の女性とデートがしたい時には「母へのプレゼント選びを手伝ってほしい」や既婚者の異性とデートがした時は「仕事や恋愛で人生の先輩であるあなたに相談したいことがある」などの口実でデートという意識を感じさせないようにして誘うことで相手のハードルを下げて誘いやすくなります。

実際にデートに誘えても距離感が近すぎると引かれてしまうことがあるので、まずはいつもの距離感で接するようにしましょう。デート中は相手にデートを意識させないことで相手の警戒心を解くことが大切です。

デートの最後にお礼のプレゼントなどを用意しておくと、既婚者でも異性からのプレゼントは少し意識してしまいます。このように解散する前にデートだと意識させることで、次回のデートのとき距離感を少し縮めることができる可能性が上がります。

デートを重ねてお互い友人としてデートをするようになったら、行きたい場所を二人で決めて遊びに行くことがおすすめです。たまには他の共通の友人なども呼んでワイワイ楽しむことも良いでしょう。

その時の写真などをSNSなどにアップしておけば周りも異性として意識しあってデートしているのではなく、友人として遊んでいると認識されやすくなるので、既婚者でもデートに対するハードルが低くなるでしょう。

基本的に知り合いの既婚者とのデートでは肉体関係を結ばないほうが良いです。会社の既婚者の方であれば、バレてしまえば、離婚や解雇などになってしまう可能性が高く、今後の人生に悪影響をもたらすことになります。

同級生の友人との不倫がバレてしまった場合も離婚になって、慰謝料を払わなければいけなくなったり、周りの友人関係に話が広まって孤立してしまう可能性もあります。話の広がりが大きくなって職場などにも話が回ったら、この場合も解雇などの厳しい処分がくだされることもあるのでリスクが大きいです。

出会い系サイトやマッチングアプリで既婚者と出会ってデートに誘う

出会い系サイトやマッチングアプリで既婚者との出会いを考えている人は、ターゲットを既婚者に絞って、自分のプロフィールなどを作り込むことが大切です。

既婚者はあまりチャラついている人を好まず、誠実な人を好みます。そのため、まずは誠実さを意識してプロフィール写真や自己紹介の文章などを考えていくと、既婚者に相手にしてもらえる可能性が上がります。

そこからデートに持ち込んでいく場合は、メッセージのやり取りが10通ほど続いたら直接連絡が取れる連絡先を交換して実際に会う形になります。

出会い系サイトやマッチングアプリを利用している既婚者ユーザーは夫婦関係に何らかの不満があって登録している場合がほとんどです。そのためそういった既婚者ユーザーは基本的にデートの誘いには乗ってくることが多いのです。

しかし、既婚者だから相手をしてくれたら誰でもいいとは限らないので、プロフィール写真やメッセージでのやり取りで相手にどれだけ好印象を与えられるかが鍵になります。またデートの誘い方によっては断られることもあります。

出会い系サイトやマッチングアプリでは住んでいる場所などが表示されるものがほとんどです。しかしデート場所が必ずしもそこでする必要はありません。

既婚者の場合、身バレを一番に恐れるため、できるだけ知り合いがいない少し離れた地域でのデートを好む傾向にあります。既婚者の場合は特に、デートプランを一緒に組むほうが相手にとっても身バレリスク回避の配慮ができるので良いですよ。

出会い系サイトやマッチングアプリを利用している既婚者の場合、共通の知人などがいないことがほとんどです。初回のデートで意気投合すればすぐに体の関係に発展することもあります。既婚者と不倫をしたい人は出会い系サイトやマッチングアプリを使うと比較的簡単に関係を持てるかもしれません。

当サイトでおすすめしている出会い系サイトは既婚者の登録数が多く、デートから肉体関係に発展するパターンも頻繁にあります。

既婚者と手軽にデートしたい、エッチな関係になりたいという方には特におすすめです。

既婚者同士でデートを楽しむ

夫婦関係がマンネリ化してしまい、刺激を求めて出会った既婚者同士の不倫カップルは日本では多いんです。最近ではそういったニーズを汲んで既婚者どうしの合コンなども開催されるようになってきました。既婚者同士でのデートはお互いの悩ましい事情をわかり合うことができるので、良い関係性を築きやすいと思われています。

既婚者どうしのデートの場合は目立った場所に外出するよりも、あまり人目につかないバーやカフェ、ドライブデート、関係性によってはホテルで待ち合わせして、ホテルで解散なんていう方が身バレしづらく安全です。

既婚者同士での異性とのデートの場合、お互い家庭がまずは大事なので、割り切った関係でのデートを楽しむ方がほとんどです。もし体の関係がなくても、人前でイチャイチャしているところを見られたりしたら不倫と疑わられてしまいます。

しかし既婚者にとってはそのスリルや背徳感がたまらないと感じてしまう方もいます。お互いどういったデートを楽しむことができるのかしっかりと確認して、お互いが楽しめるデートプランを組み立てていくことで楽しいデート時間を過ごすことができるでしょう。

既婚者の相手とのデートで注意すること

既婚者相手とのデートで注意すべきは、まずはバレないようにすることでしょう。連絡手段は仕事で使うチャットアプリやメッセージツールなどを使うと良いでしょう。また馴れ馴れしい文章や絵文字などはもし見られたときに怪しまれるので普段から使わないほうが良いでしょう。

連絡先の登録名などもあだ名や下の名前だけなどは控えましょう。連絡頻度もできるだけ「仕事の連絡」としてごまかせるように、あまり頻繁に取らないようにしましょう。

デートの約束をするのであれば、電話やデートの際に次のデートの約束をしておくのがバレにくいやり方です。トーク画面では特定のやり取りの履歴を消すこともできるので、お互い連絡をとって怪しまれるようなやり取りは削除するように心がけましょう。

既婚者同士でのデートで注意すること

既婚者同士でのデートの注意点は「絶対に友人や知人にバレてはいけない」ということです。既婚者同士で不倫がバレてしまうと、二重に慰謝料を請求されたり、お互いに子供がいた場合、離婚時の親権など様々な問題に発展してしまいます。

デートで人が多いところを歩く時は、まずはバレないことを第一に考えて、手をつないだりするのは控えて、ある程度距離を取りましょう。

またドライブデートなどの場合も、相手のパートナーにバレる可能性があります。助手席などに女性の髪の毛が落ちていたり、香水の匂いが残っていたり、ドライブレコーダーに写ってしまったり、カーナビの履歴でバレてしまうことも実際にあります。

安全だと思っていても身近なところにバレる原因になる落とし穴があるので、既婚者同士でのデートは細心の注意をするようにしましょう。

既婚者とデートから発展する関係

既婚者の女性でデートに対して積極的な方や、出会い系サイトやマッチングアプリを利用している既婚者女性の方は、夫との男女関係で特に不満を抱えていることが多いんです。

そのため、そういった女性とデートした場合、大抵カラダの関係に発展することが多いのです。セフレ関係になりやすく、デートも集合したホテルで済ますことが増えます。

そういった関係は基本的にお互いが割り切った上で成立する関係なので、もし男性側に「彼女ができた」「婚約した」「奥さんにバレそう」などの事情が発生しても、後腐れなく関係を断ち切ることができます。既婚者には家庭があるので、深くのめり込みすぎるのは危険なのです。

既婚者の相手から、のめり込まれないようにするのも大切です。相手が既婚者であるということは不倫がバレたら自分も損害を被るリスクがあります。適度な距離感を保つようにするのがお互いにとってベストなのです。

既婚者にとっては家庭が第一

既婚者にとっては、まず生活において家庭がいちばん重要です。子供がいる既婚者であれば母親や父親はその子にとって唯一のかけがえのない存在です。

既婚者とのデートでは安易に体の関係になったり、人の目につきそうな言動は控え、自分が独身の場合は相手の考えや意見、関係性の要望などは相手に合わせるようにしましょう。

自分本位の関係性を既婚者に求めない

自分の欲望を相手に押し付けるのは既婚者にとっては迷惑でしか有りません。既婚者とデートして関係が深くなっても、自分が正式なパートナーになることは基本的に無理です。

既婚者にとってデートは息抜きや、ちょっとした非日常を味わう程度のものでしかありません。そのため自分本位の気持ちを相手に無理やり押し付けたり、しつこく連絡したりするのは相手にとって厄介者でしか有りませんので既婚者とデートを楽しむ関係と割り切った気持ちが必要です。

既婚者からの連絡が減ったり、デートの回数が少なくなったりしても相手に執着して執拗に連絡を入れたり、ましてや相手の家に行ったりするのは禁物です。既婚者は家庭があるので、連絡が来なくなったりしたのであれば、何かしら忙しいという理由があるのです。

既婚者の相手の気持ちを尊重して、デートの約束や関係性を決めていくことが重要です。また既婚者側から言い寄られたり、深い関係を望んできた場合はしっかりとリスク管理をして、なおかつ正式なパートナーにはなれないことを覚悟し、確認した上で関係を築くようにしましょう。

既婚者とのデートでは、関係性やデートプランに気をつければ、いつもとは違う大人の付き合いを楽しむことができます。

世の中には既婚者との出会いの場は様々で、最近では出会い系サイトやマッチングアプリの利便性も高くなっているので、まずは既婚者と出会うことから始めてみましょう。案外すぐ見つかることが多いので自分には無理だと考えずに何事にもトライしてみましょう。